神々の國へ…

祖國日本は、至誠を貫き、率先垂範して國家を經綸し、國體を護持して、その傳統による叡知と努力を世界に捧げて萬葉一統の理想世界を實現すべき責務がある。(『國體護持』 第六章 萬葉一統より)コメントは神々の國へ・・・(FC2版)へお願いします。


靖國神社

現民主主義に未来は無い!

現民主主義に未来は無い!

人気ブログランキングへ投票する!! FC2ブログランキングへ投票する!!


 今日は、まず訃報からです。

 南部 利昭さん(なんぶ・としあき=靖国神社宮司)(01/08 16:08)北海道新聞

 7日午後2時9分、虚血性心不全のため東京都千代田区の病院で死去、73歳。東京都出身。自宅は非公表。葬儀・告別式は12日午後1時から東京都新宿区南元町19の2、千日谷会堂で。喪主は妻節子(せつこ)さん。神社葬は2月10日午後1時から東京都千代田区九段南1の6の5、九段会館で。

 盛岡藩主だった南部家の45代目当主。電通勤務などを経て04年9月から第9代靖国神社宮司。



 南部宮司も当然ながら、靖國神社に祀られているいわゆる「A級戦犯」の分祀や、靖國神社に代わる追悼施設としての「国立追悼施設建設」に反対で、総理大臣の継続した参拝を求めていらっしゃいました。

 小泉元総理が総理在籍時に参拝し続けた時や、台湾の李登輝氏が参拝に訪れた時も、この南部宮司が在籍されていらっしゃった時の出来事です。

 特に、台湾の李登輝氏の参拝については、事前に南部宮司が台湾へ出向き、李登輝氏が来日した際には参拝できる様に取り計らった経緯もあるそうです。

 靖國神社を支え、お護り下さった事に感謝申し上げ、心からご冥福をお祈りいたします。

 −−−−−−−

 さて、皆さんは衆議院や参議院のホームページは活用していらっしゃいますでしょうか。

 衆議院ホームページ
 参議院ホームページ

 上記の両ホームページでは、国会にどのような法案が提出されたのか、チェック出来るようになっています。そして、各法案の「経過」、つまり「継続審議」だとか「決議」された、などの現在状況が確認出来ます。

 例の国籍法の時も、福田内閣時に国会へ閣法として提出され、一応「審議」されてきました。最近何度も言っているのですが、福田内閣の時に提出されたのです。保守派の国会議員なども含めて、我々も本当に迂闊でした。なぜもっと細かくチェックしておかなかったのだろうと。

 TVも新聞も当たり前のごとく、頼りにならない情報機関ですから、我々はアンテナを常に張り巡らせ、自分たちで情報収集しなければなりません。

 そして、国籍法改正法案自体はいとも簡単に可決されてしまいましたが、その後のネット有志を中心としたFAX抗議などの効果もあって、附帯決議を付けさせることが出来ました。これが唯一の救いだったと思いますし、このような抗議活動がこれほどまでに効果があるのか!と、改めて確認できた事は不幸中の幸いであったと考えるべきだと思います。「これで終わった・・・」などと悲観していては、ますます敵の思うつぼです。

 しかし、いみじくも確認出来た事がもう一つあったとすれば、丸山和也議員が法案の問題点を指摘しようとした瞬間に、速記が止められ、マイクの音声も消された事です。

   

 何年も法務委員会を牛耳っている創価学会=公明党の澤雄二委員長が「討論に入ります」と言っているにも関わらず、丸山和也議員が話し出した途端に、速記とマイクが止められた。

 現在の日本における民主主義の問題点を1月7日記事でも指摘しましたが、民主主義の危機は、すでに国会議員の「発言の自由」が無い事にも現れています。討論すらまともに出来ない状態なのです。

 最近何度も言っているのですが、政治に関わる現代民主主義にとって一番重要なのは「内心の自由」であり、「発言・言論の自由」であります。ましてや、国家国権の最高位にある国会において、このような審議が白昼堂々と行われている事に、我々日本人は危機感をもっと持たなければなりません。

 日本国民は、これまでのマスコミの偏向した報道と、討論すらままならない審議風景を何度も何度も見せつけられて、「あぁ、またいつもと同じ事やっているよ…。だから政治に興味が無くなるし、選挙に行ったって何にも変わりはしないんだ。」などと、思いこんでしまっています。

 この情報化社会における現代の民主主義にとって、必要不可欠な物は正確で脚色されていない生の「情報」と、様々な考え方が示されている「言論」です。これが無ければ、「内心の自由」・「言論の自由」も単なる、偏ったプロパガンダになってしまいます。

 民衆が、政治を判断するための正確な情報や、多角的な言論の自由が数多くあって、そこから初めて民意という「数」を持って政治家を選出する事が、正しい現代民主主義のあり方だと私は思います。

 従って、民主主義とは、単に民意の「多数決」の事だと考える方もいらっしゃるようですが、それは単なる「手段の一つ」であると私は考えています。

 フランス革命の時代に「ロベスピエール」という独裁者が産まれましたが、このロベスピエールが何と主張していたか。

 「身分制度をフランスから完全に追放してしまえ!フランス人は完全に平等でなければならない!ブルジョワジーの土地をすべて没収し、土地を無償で平等に分配せよ!」

 「政治家の中には、まだブルジョワジーを擁護するような連中が居る!こいつらが居るから革命が達成されないのだ!奴らは『民主主義の敵』であるから、すべて抹殺してしまえ!」


 などと言い、後のソビエト連邦や支那共産党が行った共産主義革命や、カンボジアにおけるポル・ポト、日本の連合赤軍の元祖とも言える「恐怖政治」を行っていたのです。

 社会的弱者をつくり上げ、言葉巧みに扇動し、「私たちが正義だ!私たちが民主主義だ!」などと言って、国体を破壊しようとする者を、常に警戒しておかなければなりません。

 従って、単に「多数決」のみを民主主義の定義にし、他の言論を封殺する事は、かつてデモクラシーが共産主義革命と同義語であると考えられていた、ヨーロッパ中世の時代の考え方に逆戻りする危険を孕んでいると言えます。

 現在の偏った情報社会のまま、日本の独裁者が「民主党」か、「創価学会=公明党」になった時の事も考えて、私たちはどのように対抗して行けば良いか、大勢の英知を結集しなければならない大変重要な時代に生きているように思います。

 小沢一郎の髪の分け目が左右どちらになっても、やっぱり民主党は嫌だ!と思ったら…
応援クリックお願いします⇒人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング

こちらも応援お願いします⇒FC2ブログランキングへ投票する!!FC2ブログランキング

最新の活動・行動のお知らせ!
 活動予定は『行動・活動予定のお知らせ』をご覧ください。

『国籍法再改正運動』展開中!ご協力お願いします。
 全国の皆様のご協力でポスティング作戦を敢行いたします!
 ↓対応方法はこちらで確認↓
 真・保守市民の会
 【国籍法改悪反対!日本人の暮らしと誇りを守ろう!】


真・保守市民の会 最新動画をご覧ください。
 毎週木曜日更新!!
 街頭演説などの最新動画はこちらでご覧ください。
 真・保守市民の会 【真保会チャンネル】

ご協力をお願いいたします!
 ⇒真・保守市民の会 会員登録(無料)

 (登録はお名前、メールアドレス等を入力して頂くだけでOK)

 歳徳会は、『国益を考える講演会』を、協賛サイトとして正式に後援をしています。

 

(参加要領など、詳しくは↑バナーをクリック↑して公式サイト内でご確認ください。)

靖國神社を国家護持に

≪「核武装は簡単」、自由党(当時)小沢一郎党首≫

 応援クリックお願いします人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング


 本日は、元虐殺国家の米国によって長崎へ原爆が投下された日です。広島の犠牲者の方々も含めて、哀悼の意を表したいと思います。

 ところで、2002年ごろの小沢一郎氏はこんな事を言ってました。

〜ここから〜

◆自由党小沢党首は「核武装は簡単」と発言

 自由党の小沢一郎党首は4月6日、福岡市内で講演し、「中国は超大国になろうと軍事力増強にいそしんでいる」とした上で、最近小沢氏に会いに来た「中国共産党情報部の人」に語った内容だとして「あまりいい気になると、日本人はヒステリーを起こす。(日本が)核兵器を作るのは簡単だ。その気になったら原発のプルトニウムで何千発分の核弾頭ができる。大陸間弾道弾になるようなロケットを持っている」と述べて、中国を強く牽制(けんせい)したことを明らかにしました。
≪関連記事≫
自由党・小沢一郎氏「核武装は簡単」 中国側に軍備増強を牽制(2002.04.07 朝日朝刊)
小沢一郎・自由党首が福岡市で講演 「日本だって核弾頭の4000発くらい持てる」(2002.04.07 毎日朝刊)
その気になれば核弾頭保有 小沢党首が中国けん制、日本「核武装」論に言及(2002.04.07 読売朝刊)
小沢党首 中国の軍事化牽制 「日本は一朝で核を保有」(2002.04.07 産経朝刊)



〜ここまで〜

 そして、靖國神社に関する発言。

 「第104回国会 地方行政委員会 第5号  昭和六十一年四月二日(水曜日) 」での国会答弁で、その時の小沢一郎である。(当時 自民党所属 国務大臣時代)

その時に小沢一郎氏はこう答弁している。

〜一部抜粋〜

○国務大臣(小沢一郎君) この問題(閣僚の靖国公式参拝問題)につきましては、靖国神社は一般的に常識的に言って戦没者を祭っておる、その追悼ということでだれもが自然な気持ちで行くべきものであろうと思います。したがって、私もいわゆる自分のそのような気持ちがわいてきたとき、そして時間が許せば靖国神社の参拝は今までもしておりましたし、するつもりであります。
 ただ、こういう問題、基本的には私は余り形式張って考えるのはよくないんではないかと思っております。したがって、今までも私は学校の生徒みたいにみんなで一緒にという参拝の仕方はしておりません。自分にそういう気持ちがわいて、そして機会があって参拝をしたことは何度もございます。したがいまして、それは大臣になってもその気持ちは変わりありません。

○国務大臣(小沢一郎君) 公式参拝というのは、いわゆる国務大臣の任にある者が参拝するというケースを言うのであろうと思います。ですから、私の考えは国務大臣であろうがなかろうが、現在はなっておりますが、今申し上げたような気持ちで今後も行いたいと思っております。

○国務大臣(小沢一郎君) 基本的に、お国のために一生懸命、その是非は別といたしまして戦ってそれで亡くなった方でありますから、そういう戦没者に、参拝することによって誠の気持ちをあらわす、また自分なりにそれを考えるということであろうと思います。したがいまして、A級(戦犯)であろうがB級(戦犯)であろうがC級(戦犯)であろうがそういう問題ではないだろうと思っております。たまたま敗戦ということによって戦勝国によって戦犯という形でなされた人もいる。あるいは責任の度合いによってABいろいろなランクをつけられたんでありましょうけれども、その責任論と私どもの素直な気持ちというのはこれは別個に分けて考えていいんではないだろうかというふうに思っております。



〜ここまで〜

 中川昭一氏の「核議論」発言よりも何倍もサプライズな発言ですね。この頃の小沢一郎氏と今の同氏は全く別人のようで気味が悪いです。なにをどうしたら現在のように主張が180度変わるんでしょうか、理解不能だ。

 「今までも私は学校の生徒みたいにみんなで一緒にという参拝の仕方はしておりません。」

 前から思っていたんですが、学校の授業や遠足でも良いですが是非とも靖國神社へのお参りを公教育のプログラムに入れるべきだと思う。

 全国の学校から靖國神社まで来るのは現実的に無理かもしれませんが、その代りに全国には「護国神社」が沢山ありますから、ぜひ授業の一環として参拝へ行って欲しいと思う。

 子供たちに「何故、参拝するのか!?」、「神々に手を合わせるという事はどういう事なのか!?」とか単に神社は初詣や夏祭りのようなイベントだけの為にあるのでは無いと、言う事を小さな内から教えるべきだと思います。

 平将門の乱で討たれた平将門も、東京の築土神社等で現在でも祀られているように、敵の将兵であっても、先人に対して尊崇と畏敬の念を持って祀るというのが、日本古来からの神道信仰文化であるという事を知っている世代は少なくなっていると感じます。

 そういう同じような意味で言えば、敵将ではありませんが大東亜戦争終了後に連合国側から一方的にいわゆるA級戦犯という汚名を着せられた東条英機氏らも、我々日本人古来からの神道信仰からすれば「大将殿は敗軍の将となってしまったが、その身滅びても日本国土と日本国民を災厄からお守りください。」と、畏敬の念も込めて祈る姿が本来の日本人たる姿ではないかと思います。

 神道には厳格な教義・教典というものが存在しない、ただただあらゆる万物に「八百万の神々」が宿っているという精神文化をいまだに受け継いでいる物であって、世間一般的に言われているような「宗教」ではないという事を、しっかり子供時代から大人が教えてあげなくてはならない。

 靖國神社は明治時代に生まれていわゆる「国家神道」と呼ばれていますが、「宗教法人」という枠組みに収まっていること自体が異常な状態だと私は思います。神道文化を「宗教」だとか「法人」などに分類するのではなく、我々日本人が代々受け継ぐべき「文化的遺産」として神道は存在するべきだと私は思うのです。

 その中でも靖國神社は日本の精神的支柱、文化遺産として国家護持をするべきだと思います。ですから天皇陛下はもちろんのこと、内閣総理大臣や各国務大臣は「公人?私人?」などと訳の分からない理屈をこねくり回してないで素直な気持ちで参拝に行くべきです。靖國神社へ参拝するという行為自体が公の気持ちの表れです。

 何だか話がずいぶん逸れてしまいましたが、私もずっと変わらず国務大臣時の小沢氏の気持ちのように、靖國神社や各地の護國神社へお参りし続けたいと思います。

 それがブログ名、「神の国へ…」の由来の一つでもあります。

 8月15日でも良いですし、都合が合わなければ別の日でも良いので靖國神社に行けなくても全国の護國神社へ参拝しましょう。
 
 参考リンク:全国の護國神社

<追記>

 昨日は、北京虐殺五輪NOデー!東京・大阪・京都同時国民大集会へ参加して来ました。

 私が参加した大阪は東京ほど人数はありませんでしたが、シュプレヒコールは確実に大阪府民の皆様に届いていたと実感しました。建物の中から沿道から賛意を表してくださる方も多数おられまして、胸が熱くなる思いを感じました。

 「真・保守市民の会」の会長、KNN TODAYの遠藤氏がいつも言っている事ですが、「市民」という言葉を我々保守陣営へ取り戻す必要があると改めて強く思いました。

 「何々市民の会」と聞くと、脊髄反射的に「サヨク市民」みたいだと感じる方もおられるでしょう。それはある意味仕方のない事だとは思いますが、そこで思考停止して立ち止まるのではなく我々保守は「市民」という言葉の意味を真っ当なものに変えて行きましょう。

 昨今の日本周辺状況は何も考えずに行動する勇気も必要な時期でもあります。ですがどうしても行動する前によくよく考え込んでしまいがちです。

 行動する事は、何もデモでシュプレヒコールをする事だけではありません。一言だけでも良いのでコメントで明確な意思表示をする事からすでに「考えながら行動」を開始している事になります。

 虐殺五輪は残念ながら始まってしまいましたが、その後に現れるであろう東アジア危機という眼前に立ちはだかる大きな試練に考え込むよりも、ここは大同小異で団結し、「考えながら行動」できる「真・保守市民の会」のネットワークを一緒に広げて行きましょう!

 サイト・ブログをお持ちの方はこちらから参加登録お願いします。
 ⇒真・保守市民の会リング

 サイト・ブログをお持ちではない方はこちらから参加登録お願いします。
 ⇒真・保守市民の会 参加希望フォーム

 応援クリックお願いします人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング

 こちらも応援お願いしますFC2ブログランキングへ投票する!!FC2ブログランキング

特権化する「言論の自由」

≪正論のごとく詭弁を弄する者達≫


 応援クリックお願いします人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング


 映画「YASUKUNI」に端を発した問題で、国民の税金を何のチェックも無くバラまく文化庁と、問題の根源に触れようともしない歪んだマスコミと、それら情報に誘導され迎合する者たち。

 そんな方々をサラッと見かけた分だけリンクでご紹介いたしましょう。

 きまぐれな日々

 日本がアブナイ!

 一人でお茶を

 お玉おばさんでも分かる 政治のお話

 カナダde日本語

 村野瀬玲奈の秘書課広報室


 上記のブログは言わずもがなという方たちばかりみたいですが。他にも山ほどあるが面倒なので割愛させていただく。



 上記の系統のブログに全て言えることだが、下の動画を全部見て内容を確認してから意見していただきたいものです。


※映画「YASUKUNI」への助成金支払いは妥当なのか?(ニコニコ動画版)



※映画「YASUKUNI」有村治子議員本人が報道の嘘を証明する(ニコニコ動画版)



※映画「靖国」 有村治子議員本人が報道の嘘を証明する1/2(You Tube版)



※桜プロジェクト平成20年4月7日号 VTR:映画「靖国」協力者トム岸田氏に聞く(H20.4.2:編⊃声辧亡袷竿如1/2(You Tube版)



 独立行政法人の問題はこれまで幾度となく指摘されてきたように、「金の使い方」であるはずだが、この映画「YASUKUNI」に関してはその問題はマスコミの誘導によってまんまと棚上げされているようだ。

 稲田議員や有村議員らによって、逆に映画「YASUKUNI」がクローズアップされてしまっている現状は私は悪いとは思っていない。この状況下でも上映が強行されるのならば見に行ってやろうかとも思っている。

 この状況下といえば、キャストの一人である刈谷直治さんは、映画「YASUKUNI」のキャストである事を現在でも了承していない。上記の動画で、当初から刈谷氏が映画出演拒否していた理由は有村議員の圧力ではない事を、他の新聞社の取材によっても明らかになっている。

 そして、刈谷氏が有村議員らとコンタクトを取る前に、出来上がった短編の映画を確認した後の段階で刈谷氏が自身の映像・音声を放映拒否していた事は紹介したトム岸田氏も明確に証言している。

 その他の問題点は前エントリーを参照ください。
 ⇒映画【靖國】YASUKUNIの真実
 
 しかし、おかしいなと思うのは、この問題は我々の立場の者も含めて、左右のいずれの立場の者であっても問題視しなくてはならない事であるはずが、なぜ「言論の自由」だけが取りざたされて、国会議員の圧力問題に摩り替わっているのかが疑問である。

 有村議員の文化庁に対する追及で、日本芸術文化振興会の専門委員が、助成金拠出可否の最終決定を実質行っている事が明らかになり、文化庁の部長さんは単にその決定に従って、議事録も取らなければ内容も確認せずに、ハンコを押しているだけというのが分かった。

 そして、靖國神社と小泉首相の参拝騒動、いわゆる南京問題などの極めて政治的事柄を取上げた映画に対して、助成金が出された。

 「南京の真実」のような有志が進めている100%民間出資の映画とは訳が違い、一部、文化庁から我々の税金が拠出されている映画である。

 あくまでも助成金拠出基準は「政治的、宗教的、商業的宣伝意図を有しないものに限られるもの」であるはずだが。

 ならば逆に言うと、日本芸術文化振興会の専門委員のメンバーに右翼的な思想を持つものが在籍していたならば、「遊就館」の展示物に文化的価値観を見出したドキュメンタリー映画が作られ、遊就館の様々な展示物が映像の中に組み込まれているような映画に対しても助成金拠出の対象になる得るという事だ。

 これは靖國神社や遊就館を否定的側に立って捉える者にとっては許しがたい事ではないのか??もしこの場合、自民党の議員ではなく社民党や共産党、民主党の一部の議員などが今回の有村議員と同じように文化庁に対して同じようなロジックでもって追求したのではないだろうか。
 
 今回のような基準が曖昧な助成金の拠出がまかり通るならば、今回の映画「YASUKUNI」のような映画を文化庁の助成金(我々国民の税金)を使ってドンドン作ればよい。そして、文化庁のお墨付きだといって大いに宣伝利用すればよい。

 そこが一番の問題点であるはずなのだが、すべて「言論の自由」、「政治家の圧力」の問題に摩り替わっている。もしかして今回の「言論の自由」とはすべて「日本芸術文化振興会の専門委員」だけに与えられた特権だったのか。

 その特権に対して有村議員らが指摘している事が「言論の自由」に対する弾圧だと言うことであれば、一連の報道にも納得がいくのではないだろうか。


 応援クリックお願いします人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング

映画【靖國】YASUKUNIの真実

≪独立行政法人 日本芸術文化振興会は解体すべきだ!≫

 応援クリックお願いします
人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング

 エントリーとしては少しUPが遅れましたが、映画『YASUKUNI』は紛れも無いプロパガンダ映画という事が内容を見るまでも無く判明していました。

 まずは、まだ動画を見ていない方は下のご覧ください。

 映画『YASUKUNI』への助成金支払いは妥当なのか!?
 ※ニコニコ動画版
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm2910320
 


 映画「靖国」について有村治子(自由民主党・無所属の会)質疑2008年3月27日 (木)  参議院 内閣委員会 (其の壱〜六まであるようです)
 ※You Tube版はこちら

 

 動画を見て頂いてお分かりだと思いますが、文化庁および、日本芸術文化振興会は支離滅裂、無茶苦茶です。答弁も答弁ではなく、「これぞ強弁!!」というマニュアル通りの役人型強弁に徹しています。

 質疑のポイントを以下にまとめました。

1・小山文化部長が責任者である。

2・助成金交付認定基準として、商業的・政治的・宗教的要素を含まないものである事。

3・映画「YASUKUNI」の助成金拠出審査の権限はすべて日本芸術文化振興会にある。文化庁側には無い。

4・所謂「靖國騒動」は政治的な国際的世論を喚起するものであり、議論されている事柄である。

5・映画申請された時、そして今現在においても小泉元首相が行った靖國神社参拝についての訴訟が続けられているが、原告の筆頭は、浄土真宗本願寺派正蔵坊代表役員の菅原龍憲氏、高金 素梅氏であり、映画のキャスト3人の中の2人である。
 (靖國神社とは係争関係である。そして、また高金 素梅。)

6・現実行われている訴訟と同じ主張が映画の中でも展開されており、政治的宣伝がそのままキャスティングに反映されている。

7・キャストの一人である刈谷直治さんは、映画「YASUKUNI」のキャストである事を聞いていない。現在でもキャストになる事を了承していない。さらに靖國神社に関して政治的見解を示しておられない。
 (助成金云々以前に、キャストが出演拒否している映画が上映されて良いのか?)

8・初回(平成18年7月19日)の助成金交付要望書提出時点で、小泉元首相の靖國神社参拝に対する訴訟を起こしているメンバーを意図して登場させる旨が明記されており、それを承知の上で交付金が出されている。

9・「天皇の問題」を絡めていると李纓監督は支那メディアに対しても公言しているのにもかかわらず、政治的宣伝意図が無いと文化庁および芸術文化振興会は強弁、または判断している。

10・協力プロデューサー 山上徹二郎氏は政治的事例である、日本の「戦争責任」について、国際的に映画「YASUKUNI」によって影響が出ると、支那メディアに公言している。

11・専門委員会の議事録等というものは存在しない。
 (要するに、この小山部長はザルで公金拠出の承認判子をついているということだ。)

12・いわゆる南京事件に関するコラージュとの一部見解がある写真が映画随所に出てきている。

13・専門委員会の議論は公開できないと言うが、日本国民側も公的な資金が適正に拠出されているかどうか「知る権利」がある。
 (人権擁護委員会が設立されたら、同じように議論の内容は公開されないまま、人権侵害であると認定されかもしれませんねぇ。)

14・平成18年9月14日に3時間だけの議論で決められた。その議論の中にはYASUKUNI以外にも映画は16本もあった。

15・完成試写会は平成19年3月30日に行われ、専門委員6人中4人が試写している。その後、助成金を交付する事が最終的に適正であるかどうか専門委員会に対して文化庁側から確認する事は全くなされていなかった。
 (最初の書類審査のみだけで、その後どんな変更が発生したとしても助成金は支払われるのだそうだ。これだとどんな反日映画でも、外国人でも、日本国民の税金を使って映画作ってもOKだ。)

16・制作者、共同制作者がすべて支那(中国・チャイニーズ)であり、日本映画とは言えない。

17・助成金は本名で申請しなければならないのにも関わらず、代表取締役の本名までが変わっている。しかし、文化庁側はこの事を全く把握していなかった。インターネット検索でも分かる事が、文化庁では把握できていなかった。
 (文化庁役人の情報収集能力は一般的なインターネット情報以下である事が発覚。)

18・専門委員のひとりY氏は、映画人「9条の会」のメンバーである。この事を日本芸術文化振興会は全く把握してなかった。個人的な政治思想は自由であるが、その影響を与えたと疑念する事を払拭出来るまでに至っていない。

19・靖國神社のご神体は「日本刀」ではなく「神剣と神鏡」であり、その神剣は両刃の剣であり正確には「日本刀」ではない。

20・パンフレットの中心に掲載されている人物は現役の自衛官であり、靖國神社へ参拝した時に映画制作者側が勝手に撮影したものであって、本人の承諾無しで掲載しており、肖像権を侵害している。
 
(本人が訴えでないからと言って何でも有耶無耶にするのは許されないだろう。下の画像が問題のパンフレット)


Yasukuni



 「常識人が理解できる日本語で説明していただきたい。」のですが、

 役人は「すべて専門委員会の決めた事で。。。」だそうです。

 文化庁、日本芸術文化振興会のこのような裏工作を国民に知られたくなかったために、稲田議員はじめ保守系の議員を右翼議員のプロパガンダの象徴として吊るし上げ、あたかも「言論の自由」の侵害だと反日マスコミはここぞとばかり一大キャンペーンを打っていたという事だ!

 しかしながら、有村治子議員GJ!!

 (八紘一宇のアイサイさんから通報がありました、クローン牛について今日エントリーをUPする予定でしたが、また後日UPします。)


 応援クリックお願いします人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング



(※毒ギョーザなどから日本を守ろう!!日本の食の安全を考える会、歳徳会の活動にご協力お願いいたします。)

歳徳会では協賛ブログ・サイト様を随時募集中です。
 お問い合わせはこちらまで⇒dandyroads@gmail.com

管理人:dandy

dandy

最新コメント
カテゴリ別記事
アーカイブ

QRコード
QRコード


歳徳会バナー(小)
・歳徳会では食の安全と日本食の見直し、チャイナ・フリーを当面の目標として食糧自給率を高め、海外依存しない純国産食材店舗などの都道府県別情報などを公開しています。

食べ物幕府バナー(小)
・食べ物幕府では安全性の低い支那産の食材を使用している企業などに電凸を行い、支那産に対してどれだけ危機意識を持っているか、その生のやり取りを公開しています。
  • ライブドアブログ