神々の國へ…

祖國日本は、至誠を貫き、率先垂範して國家を經綸し、國體を護持して、その傳統による叡知と努力を世界に捧げて萬葉一統の理想世界を實現すべき責務がある。(『國體護持』 第六章 萬葉一統より)コメントは神々の國へ・・・(FC2版)へお願いします。


大東亜戦争

帝國憲法復原後の日本は?

帝國憲法復原後の日本は?

人気ブログランキングへ投票する!! FC2ブログランキングへ投票する!!


 先日、2月11日の建國記念日に村山談話の署名活動を東京靖國神社前と、東京有楽町マリオン前で行いました。その動画がUPされましたので、ぜひご覧頂きたいと思います。

 http://www.youtube.com/watch?v=oZQs5cCxpLs
 

 http://www.youtube.com/watch?v=9yrRv_2AEYg
 

 http://www.youtube.com/watch?v=KXDgRSTvr7o
 

 http://www.youtube.com/watch?v=EtC2FMZAiDA
 

 表題に掲げました「帝国憲法復原後の日本」の意味と、今日ご紹介した真・保守市民の会代表 遠藤健太郎氏の動画は直接的に関連がありません。

 表題にあげた事は私が言いたい事なのですが、その前にまず思い出して下さい。14年前の皇紀2655年(平成17年)1月17日に何が起こったのかを。

 そうです、あの阪神淡路大震災です。死者、行方不明合わせて6000人以上、負傷者4万人以上の未曾有の被害をもたらした大地震でした。

 この大地震の影響で、電気、ガス、通信などのライフラインはことごとく寸断されて、ビルや家屋は倒壊し、被災地のあちらこちらで火災が連発し、逃げ惑う人々は助けを求めて街を彷徨い続けていました。

 私も小さい頃の出来事でしたが、揺れたこの日の事をよく覚えています。TVを付けてみれば何か戦争でも起こったのかと見間違えるほど、崩壊し火災炎上した長田区が映し出されていました。

 そんな国家非常事態の時に、時の総理大臣であった村山富一氏はなんと言ったか。

 「何分初めての経験でもございますし、早朝の出来事でもございますから、幾多の混乱があったと思われまするけれども・・・」

 …

 怒りを通り越して呆れると同時にさらに怒りがこみ上げてくるような「他人事」発言をどうどうと国会で述べていた。そしてこのような平時における最大の殺人者と非難されても仕方のない(私は個人的に思っている)村山富一が吐いた嘘が、あの村山談話なのです。

 「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました・・・。」

 日本とタイ以外は欧米帝国主義列強により、アジアは隙間なく搾取的植民地支配を受けていました。では、

 村山富一は日本が立ち上がらないまま、大東亜戦争前の欧米列強に侵食されたままの「世界地図」で良かったというでしょうか?

 日本が戦った大東亜戦争というものはそんなに軽いものだったのでしょうか?今、こうしてひと時の安寧と豊かさを享受できているのは、そうした先祖先人の高邁な精神の元に成り立っているのではないでしょうか。

 戦闘が終了し、米国のマッカーサーが率いる占領軍は、日本が戦争を起こした原因はあらゆる勅語や憲法に問題があるからだと曲解し、どう考えてもその可笑しな論理を検閲や焚書、言論統制を用いて日本国民に、「日本は悪い事をした国なんだ!」と必死に洗脳を施しました。

 世界の中でも特徴的な文化を醸成し、稀で特殊な「特権階級」時代の中でも、比較的平和に暮らしていた日本に対して「半主権国家」という支離滅裂な欧米論理を押しつけ、無理やり開国させた米国がもたらした民主主義とは、そんな程度の軽々しい物だったのです。

 西郷隆盛が「欧米は野蛮じゃ!」と喝破した通り、原子爆弾の威力実験ために何の罪も無い何十万もの日本人を焼き殺した、残忍で非道な米国が作ってくださった「日本国憲法」(宿便憲法)を憲法として今すぐ無効にし、帝國憲法に復原する目的は、そうした理不尽で一方的な欧米論理に振り回されない、平和で力強い日本を取り戻すためであり、世界平和と各国からより一層の信頼を得るために必要不可欠な使命であると考えます。

 村山談話というものは、支那・朝鮮半島の無秩序地帯出身である連中の非道と跋扈を助長し、米国を始めとする連合国の極悪非道な行いを讃美する談話であると言わざるえません。

 我々日本人は、今何をまず反省せねばならないのかと言えば、皇祖皇宗先祖先人や、日本に「戦ってくれてありがとう!」と感謝してくれている「アジア諸国」に泥を塗りつけるような、村山談話と日本国憲法という「外道」な行いを許してしまった事を反省せねばならないはずです。

 応援クリックお願いします
 ⇒人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング


 こちらも応援お願いします
 ⇒FC2ブログランキングへ投票する!!FC2ブログランキング

★私的、「靖国論」。A級戦犯に「あなたは」どう思う?

いろいろ、書きたいことは山ほどありますが時間やら何やらの関係でdandyの考えがお伝えできないのは非常に自身でも歯がゆい今日この頃であります。

先日の記事のコメントについてChe_guevaraさん が非常に参考になるページを紹介下さった。

なぜいろんなことが誤解されたままになっているか?

賛同・反対、それぞれ意見があるだろうが一度ご覧いただきたい。


さて、「私的靖国論」だが、このブログでも何回か靖国については触れてきた。

靖国神社参拝「首相は適切」

安倍晋三。靖国神社参拝に

靖国神社。

「A級戦犯」という言葉だが結論から言うと私はこの言い方自体間違っていると思う。

正確には「戦争責任者」である。

しかし、戦後の間違った歴史教育によって戦争犯罪者などというレッテルを貼られたままの英霊に対して本当に無念の思いがいっぱいである。

第二次世界大戦に負けた日本のトップとして日本にどう責任を取るのかということである。
他国を侵略したとか、植民地化をしたとかと言う責任ではない。

戦争に負けたことにより結果的に日本国の国益に繋がらなかったと言う「責任」である。


ハッキリ言おう。

戦争に勝っていたら「A級戦犯」ではなく「特級英霊」であっただろう。


何が「責任」だったのか。


やはり、外交手段によって開戦を回避できなかったこと、後に欧米が大きく戦局を巻き返してくる前に戦争を終結できなかったこと、そして空爆・原爆などの白人によるホロコーストから多くの日本人(当時日本にいた多くの朝鮮人や台湾人なども含まれている)を守れなかったことである。

しかし、欧米列強の圧力により日本が当時戦争にてカタをつける以外に選択の余地が残されていなかったのが最大の原因である。
その原因を作ったのが当時アメリカのスチムソン提唱の日本に対する経済制裁や、ハル国務長官が突きつけた「ハル・ノート」であり、否応無く戦争へと引きずり込まれた。
そして挙句の果てに都市の無差別空爆・広島長崎原爆投下などの無差別虐殺でアメリカ流民主主義構築の為に多くの民間人が死に追いやられてしまった。
(当時も戦闘員等以外の民間人の殺害に関しては非合法行為であった。)


そう、日本は欧米に屈服し植民地になるか、中国のような共産主義国家になるか、負ける事とは判っていても日本を守る為に戦うしか選択の余地が無く、完全に「自国自衛」の為の戦争を強いられていたのだ。

イラク派兵などのときに言われていた「集団的自衛」があーだこーだなどと悠長なこと言っている暇もなく、自国の安全保障の為の戦争を強いられていた。



そして、やはり日本は戦争に負けた。



「それだったら最初から日本国民を巻き込むような戦争をしなければ良かったんだ」
「当時の日本政府がやはり無能だったから、外交にも負け、戦争にも負けたんだ」
「朝鮮半島や中国へ進出などせずに自国だけで中立の立場を取り続ければよかったんだ」


などとちゃんと歴史の教育を受けてこなかった人はこう思うだろう。


戦前でも「5大大国」と呼ばれる国の中で地下資源のほとんど無い日本が先進国と呼ばれ最低限の生活を送れるようになっていたのは海外からの資源輸入があってこそであり、欧米による植民地での既得権奪い合いの中でその外交がどれほど難しいことだったか、現在の日本外交みたいに生温い風呂に浸かりながら出来るような状況ではなかった。

そして、もっとも重要なのが、

「日本が大東亜戦争を戦わなかったら、韓国をはじめ台湾、インドネシア、パラオ、マレーシア、ミャンマー(当時のビルマ)などの何世紀もの間受けてきた欧米による植民地からの独立は成し得なかったであろう。」ということである。

敗戦してしまった責任はやはり実際の軍事司令部にはあるだろう。
しかし、それ以上に何世紀もの白人による植民地支配・収奪・搾取から各国の独立の気概を取り戻し現在のアジアの世界地図を大きく変えた日本の功績は計り知れない世界の財産であり、今もなおその功績を称えてくれているアジアの国々と日本は共に手を携えて繁栄して行ける素晴らしい財産を共有できているのだと言うことをもっと日本人自身が心に、肝に、頭に、そして子孫に焼き付けていかなければならないものである。

そして、日本にはその責任があるのだ。

なぜいろんなことが誤解されたままになっているか?←コチラを参照。Che_guevaraさん情報提供ありがとう!


今までの繰り返しになるが、上記のような事を踏まえると靖国神社へ参拝しないと言うことは、

「アジア諸国は植民地のままでよかったんだ、日本のしたことはすべて間違いであり、自衛であろうと戦争などしなければ良かった、そのために命を懸けて戦った兵士達などを正当化して感謝などできない、今ココにある「日本」という国は戦後の日本人とアメリカによって作られた素晴らしい国家だ、A級戦犯らが合祀されているのは駄目だ、すべて彼らの責任にしてしまえはすべて済む」

ということである。

史実を知らなければ、また同じ歴史の過ちを繰り返すであろう。



今日の日記は良かった!賛同頂けるならばクリック応援お願いいたします!!
人気blogランキングへ
政治ブログランキングへ

★私的、「靖国論」。A級戦犯に「あなたは」どう思う?

いろいろ、書きたいことは山ほどありますが時間やら何やらの関係でdandyの考えがお伝えできないのは非常に自身でも歯がゆい今日この頃であります。

先日の記事のコメントについてChe_guevaraさん が非常に参考になるページを紹介下さった。

なぜいろんなことが誤解されたままになっているか?

賛同・反対、それぞれ意見があるだろうが一度ご覧いただきたい。


さて、「私的靖国論」だが、このブログでも何回か靖国については触れてきた。

靖国神社参拝「首相は適切」

安倍晋三。靖国神社参拝に

靖国神社。

「A級戦犯」という言葉だが結論から言うと私はこの言い方自体間違っていると思う。

正確には「戦争責任者」である。

しかし、戦後の間違った歴史教育によって戦争犯罪者などというレッテルを貼られたままの英霊に対して本当に無念の思いがいっぱいである。

第二次世界大戦に負けた日本のトップとして日本にどう責任を取るのかということである。
他国を侵略したとか、植民地化をしたとかと言う責任ではない。

戦争に負けたことにより結果的に日本国の国益に繋がらなかったと言う「責任」である。


ハッキリ言おう。

戦争に勝っていたら「A級戦犯」ではなく「特級英霊」であっただろう。


何が「責任」だったのか。


やはり、外交手段によって開戦を回避できなかったこと、後に欧米が大きく戦局を巻き返してくる前に戦争を終結できなかったこと、そして空爆・原爆などの白人によるホロコーストから多くの日本人(当時日本にいた多くの朝鮮人や台湾人なども含まれている)を守れなかったことである。

しかし、欧米列強の圧力により日本が当時戦争にてカタをつける以外に選択の余地が残されていなかったのが最大の原因である。
その原因を作ったのが当時アメリカのスチムソン提唱の日本に対する経済制裁や、ハル国務長官が突きつけた「ハル・ノート」であり、否応無く戦争へと引きずり込まれた。
そして挙句の果てに都市の無差別空爆・広島長崎原爆投下などの無差別虐殺でアメリカ流民主主義構築の為に多くの民間人が死に追いやられてしまった。
(当時も戦闘員等以外の民間人の殺害に関しては非合法行為であった。)


そう、日本は欧米に屈服し植民地になるか、中国のような共産主義国家になるか、負ける事とは判っていても日本を守る為に戦うしか選択の余地が無く、完全に「自国自衛」の為の戦争を強いられていたのだ。

イラク派兵などのときに言われていた「集団的自衛」があーだこーだなどと悠長なこと言っている暇もなく、自国の安全保障の為の戦争を強いられていた。



そして、やはり日本は戦争に負けた。



「それだったら最初から日本国民を巻き込むような戦争をしなければ良かったんだ」
「当時の日本政府がやはり無能だったから、外交にも負け、戦争にも負けたんだ」
「朝鮮半島や中国へ進出などせずに自国だけで中立の立場を取り続ければよかったんだ」


などとちゃんと歴史の教育を受けてこなかった人はこう思うだろう。


戦前でも「5大大国」と呼ばれる国の中で地下資源のほとんど無い日本が先進国と呼ばれ最低限の生活を送れるようになっていたのは海外からの資源輸入があってこそであり、欧米による植民地での既得権奪い合いの中でその外交がどれほど難しいことだったか、現在の日本外交みたいに生温い風呂に浸かりながら出来るような状況ではなかった。

そして、もっとも重要なのが、

「日本が大東亜戦争を戦わなかったら、韓国をはじめ台湾、インドネシア、パラオ、マレーシア、ミャンマー(当時のビルマ)などの何世紀もの間受けてきた欧米による植民地からの独立は成し得なかったであろう。」ということである。

敗戦してしまった責任はやはり実際の軍事司令部にはあるだろう。
しかし、それ以上に何世紀もの白人による植民地支配・収奪・搾取から各国の独立の気概を取り戻し現在のアジアの世界地図を大きく変えた日本の功績は計り知れない世界の財産であり、今もなおその功績を称えてくれているアジアの国々と日本は共に手を携えて繁栄して行ける素晴らしい財産を共有できているのだと言うことをもっと日本人自身が心に、肝に、頭に、そして子孫に焼き付けていかなければならないものである。

そして、日本にはその責任があるのだ。

なぜいろんなことが誤解されたままになっているか?←コチラを参照。Che_guevaraさん情報提供ありがとう!


今までの繰り返しになるが、上記のような事を踏まえると靖国神社へ参拝しないと言うことは、

「アジア諸国は植民地のままでよかったんだ、日本のしたことはすべて間違いであり、自衛であろうと戦争などしなければ良かった、そのために命を懸けて戦った兵士達などを正当化して感謝などできない、今ココにある「日本」という国は戦後の日本人とアメリカによって作られた素晴らしい国家だ、A級戦犯らが合祀されているのは駄目だ、すべて彼らの責任にしてしまえはすべて済む」

ということである。

史実を知らなければ、また同じ歴史の過ちを繰り返すであろう。



今日の日記は良かった!賛同頂けるならばクリック応援お願いいたします!!
人気blogランキングへ
政治ブログランキングへ
管理人:dandy
最新コメント
カテゴリ別記事
アーカイブ

QRコード
QRコード


歳徳会バナー(小)
・歳徳会では食の安全と日本食の見直し、チャイナ・フリーを当面の目標として食糧自給率を高め、海外依存しない純国産食材店舗などの都道府県別情報などを公開しています。

食べ物幕府バナー(小)
・食べ物幕府では安全性の低い支那産の食材を使用している企業などに電凸を行い、支那産に対してどれだけ危機意識を持っているか、その生のやり取りを公開しています。
  • ライブドアブログ