神々の國へ…

祖國日本は、至誠を貫き、率先垂範して國家を經綸し、國體を護持して、その傳統による叡知と努力を世界に捧げて萬葉一統の理想世界を實現すべき責務がある。(『國體護持』 第六章 萬葉一統より)コメントは神々の國へ・・・(FC2版)へお願いします。


日本・日の丸・君が代

【転載】硫黄島の遺骨収集

硫黄島の遺骨収集のこと

人気ブログランキングへ投票する!! FC2ブログランキングへ投票する!!


 今日は多くを語れません。戸井田とおる議員のブログから転載します。

 硫黄島の遺骨収集のこと

 こんにちは、戸井田とおるです!
 いつもお世話になり、心より感謝いたしております!

 今日、午前10時30分から千鳥が淵戦没者墓苑にて硫黄島戦没者遺骨引渡式・遺骨収集団解団式が行われた。政務官に就任して3回目の引渡式になります。いつも国会議員は、私一人で寂しいと思っていました。この度は、硫黄島と聞いて、同期の新藤義孝議員に『硫黄島戦没者遺骨引渡式が行われるので、参加しないか?』と声をかけたら、『是非参列したい。』と返事が返ってきました。硫黄島の戦いの司令官の栗林忠道中将は、彼の祖父に当たります。以前硫黄島の映画が制作された時、『実は俺の爺さんなんだよ。』と言っていたことが記憶に残っていて、今回声を掛けてみたというわけです。この度は大村秀章副大臣も参列され、考えてみれば3人とも平成8年初当選の同期の桜でした。

 振り返ると、厚生労働大臣政務官就任後、初めての引渡式のブリーフィングで、大臣も副大臣も出席されないので政務官が献花と謝辞を述べてくださいと言われ、私は大臣、副大臣と共に参列するべきものと思っていたので、違和感を覚えましたし、国のためにたった一つしかない命を投げ出された英霊の60数年振りの帰国をお迎えするにはあまりにも寂しすぎる。そう思ったのを覚えています。

 以前にも書いたかも知れないが、昭和50年代に父が、厚生政務次官の時、ご遺骨をお迎えした際に、羽田飛行場でご遺骨を貨物と同じように扱っていることに驚き、当時の竹中防衛政務次官と打ち合わせて、自衛隊の儀仗兵と音楽隊と共にご遺骨をお迎えするようになりました。

 遺骨収集も240万戦没者のうち、帰国を果たしたのは、約半数の125万足らずに過ぎない。そしてそのほとんどが外国で今なお眠っておられる。その場所も特定できず、ご遺族も胸を痛めておられます。日本国内の硫黄島でさえ、戦没者2万129名のうちこの度の26柱の英霊を含めて、やっと8,456柱の英霊をお迎えできたに過ぎず、半数以上の英霊が硫黄島のどこかに眠っておられるのである。
以前から、滑走路の下に遺骨が多数存在すると言われていた。昨年4月22日「硫黄島問題懇話会」(会長森喜朗元総理)において、森元総理から、滑走路の改修に伴って、滑走路下の遺骨収集を実施するよう強い支指示があり、防衛省は滑走路改修計画の変更にむけて検討されることになった。森元総理の強い指示にも拘らず、約310億から340億円かかると言われる費用に防衛省も厚生労働省も腰が引けている。国のためにかけがえのない命を投げ出された戦没者に報いるためには、いくらかかろうともやり遂げなければならない!その責任は国にあるはずだ!

 戸井田とおる



 

 

 

 戸井田氏や青山氏については皆様いろいろご意見がおありだと思いますが、是非多くの方に知って頂きたい動画だと思いました。

 この関連の動画はいつも見ても、恥ずかしながら涙が止まりません。

 人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング

 FC2ブログランキングへ投票する!!FC2ブログランキング

猛烈に腹が立っております

最近はずうっと猛烈に腹が立っております。

人気ブログランキングへ投票する!! FC2ブログランキングへ投票する!!


 最近は「日本国憲法」という、占領憲法・宿便憲法の排除を目的としたエントリーを中心として集中して書いており、敢えて時事的なニュースには触れていませんでしたが、中川昭一前財務金融大臣の辞任など、様々な反日策動に対しては猛烈に怒りを感じています。これらの事象も占領憲法が遠因している、もしくはその弊害だとも言えるのかもしれません。

 中川前大臣の件に関しては、様々なブログで取り上げられていらっしゃるので敢えて今更述べるまでも無いかもしれませんが、私も少し触れておきたいと思います。

 2月13日のロイターでは、 

 米景気対策法案にバイアメリカン条項が盛り込まれていることについて「大恐慌の時もスムート・ホーレー法(産業保護の関税引き上げ)ができて(経済が)ブロック化し、やがて戦争への道を開いた」と指摘し「これはわれわれとしてもやるべきではないし、アメリカもやるべきではない」と伝えたことを明らかにした。



 と、中川氏は発言し、イタリアと一緒になって米国の保護主義路線を的確に牽制していました。世界的な経済停滞時に国際協調を無視し、自国だけを保護しようとする米国や支那に対して中川氏は果敢に対応していたのです。

 また、日本の外貨準備高は現在約9900億ドル、日本円にしておよそ100兆円ぐらいだが、これはいわゆる「塩漬け」にされていると揶揄されている通り、日本国内に対しての景気対策には使い道のないカネです。なぜなら外貨準備は「円」で持っているのではなく、「ドル」で持っているから、日本国内で使うには「円」に換金しなくてはならない。

 しかし、現状で交易利得が出ている範囲での円高は我慢できても、外貨準備のストックであるドルを何兆円分も円に換えた場合、更に急激な円高が進むため、いくら内需中心の日本とは言え輸出産業に壊滅的な打撃を与える事になりかねない。そんなカネは国内では使えないのです。

 しかも、現状では米国も金利をドンドン下げて来ており、米国債としての価値も目減りしている。このまま持っていても損を生み出すだけであり、なおかつ、キャッシュが欲しい米国に「外貨準備からカネを貸せ!」と言われようものなら、「はい!どうぞ!」と渡しかねない隷属国家日本である事は今更説明するまでもないでしょう。

 お隣の韓国も経済破綻寸前であり、日米のスワップで何とか生きながらえているが、これもどこまでもつかの時間の問題である。中川氏が辞任していなければ、韓国に対する日本のスワップ期間延長なども防げたかもしれないが、もうマスコミによって辞任に追いやられてしまった今においては後の祭りです。

 片や、民主党などはIMF経由ではなく、「直接韓国に融資しろ!」などと、泥棒に金を貸すような阿呆な暴言を吐いているのだが、麻生・中川はそこはちゃんと考えて、IMFに日本の外貨準備のドルを貸し付け、IMF経由で韓国に貸し付け、きっちり利子付きで回収し国際的貢献を果たそうとしていることは、賢明というより神がかり的な戦略と称賛しても過言ではないでしょう。

 これによって先立って金融破たんしてしまったアイスランドも、日本に対して感謝の意を表しているし、ストロスカーン国際通貨基金(IMF)専務理事は、この1000億ドルもの日本による資金支援について、こう述べていた。

 今回の会合の最大の具体的成果は、日本によるIMFへの有資だ。率先して行動した日本に謝意を表したい。今後もIMFの資本倍増に向けた努力を続ける。日本による融資は、これまで人類の歴史で最大のものだ。



 こうして具体的に世界貢献に動いている日本を評価してくれているのです。

 さらに中川氏は、2008年10月12日のロイターによると、

 「中川財務・金融相は演説で、(中略)アジア通貨危機でのIMFの対応を、マイナス面の方が大きかったなどと批判。そのうえで、足元の金融危機ではIMFが主導的な役割を果たし、資金が足りなければ日本の外貨準備を活用して混乱の安定化を図りたいとの意思を表明した。」



 と発言しており、アジア通貨危機時におけるIMF主導の通貨危機対応の不備を指摘しており、米国がもたらした、いわゆる「新自由主義体制」に対して明確に批判をし、路線変更を示唆し、日本政府としてできる限りの対応をするから、「改革」をしてくれと世界に理解を求めていたのです。

 確かにあの会見だけを見れば、脇が甘いなどと批判を受けても致し方ないのも事実でしょう。しかし、あのような会見はG7のオマケのようなものであり、あのフランスのサルコジやロシアのエリツィン元大統領も飲酒状態で会見をしていた事は、あまりにも有名な事なのです。

 正直私はCIAの回し者だと言われているどこぞの美人記者とやらに「一服盛られたか!?」などと想像していますが、
 中川昭一氏は、日本人が当然誇っても良いほど多大な国際貢献を行い、国益を得るために日夜の激務をこなしていたのですよ!

 これだけの正論をもって、毅然としたリーダーシップを発揮していた中川昭一氏を、日本の政治の中枢から引きずり下ろしたマスコミの罪はあまりにも大きいと言わざるえないでしょう。

 皆様も今回の一件で改めて感じられたように、マスコミは日本テレビ、読売新聞を中心に、未だに米国に操られているのです。米国に対して、支那に対して都合の悪い政策を進める中川昭一氏をつぶすには、彼のウィークポイントである「酒癖」を利用して、その体たらくさ加減をメディアを使ってネガティブキャンペーンをし、国民を扇動させるのが一番手っとり早いと考えた事は、想像に難くありません。

 そして、2月22日「竹島の日」を中心とし、日教組糾弾なども含めた過酷な遠征街宣から無事に帰還された真・保守市民の会、遠藤健太郎代表のブログ「KNN TODAY」の2月22日記事によると、片や日本の地方に目を向ければ日本人である一市民が、小さな可愛い「日章旗」を車に貼り付けているだけで、平和祈念公園への入場を警察という日本国家の「公権力」に拒否されている!

 さらに同ブログ2月24日記事でも明らかになっている通り、大阪府吹田市立西山田中学校の2年生・学年主任である平井美津子教諭は、堂々と地方公務員法第36条違反に相当する行為を行いながらも、悪びれる事も無く私たちの市民の税金から給与を未だに受け取っているのです!

 このような現状が、「悪い事をしている日本」の実態なのです。

 こんな悪行を許している日本を愛せますか?当然愛せる訳が無いですよね。ならば、我々日本国民一人ひとりの力で「愛せる日本」に戻して行きましょう!

 応援クリックお願いします
 ⇒人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング


 こちらも応援お願いします
 ⇒FC2ブログランキングへ投票する!!FC2ブログランキング

日本を護るのは誰なの!?

日本を護るのは誰でしょうか!?

人気ブログランキングへ投票する!! FC2ブログランキングへ投票する!!


日本人の暮らしを守る日本へ
〜村山談話の白紙撤回、改正国籍法の再改正を!

 村山談話の白紙撤回を求める街頭署名と同時に、国籍法改正・移民受け入れ・外国人地方参政権などの問題を取り上げ、日本人が「日本は悪い国」「日本人は遠慮せよ」と思い込まされることの恐るべき弊害を訴えます。
 と き 平成21年2月11日・紀元節(建国記念日)
 ところ 午前11時30分より 靖国神社(東京理科大学)前
     午後15時より 有楽町マリオン前
 主 催 主権回復を目指す会  真・保守市民の会  日本を護る市民の会



 皆様のご協力をお願い申し上げます。

 関西からは私、dandy含む有志数名が参加予定です。我も!と思われる方のご参加お待ちしております。言っていることが正論であることも大切ですが、数が無ければ全く無意味です。ですから、観戦のみの参加でも大歓迎です。「私にもマイクを貸してくれ!言わせてくれ!」という方、「私の方が上手く演説出来るんだぜ!」という方、大歓迎です。

 参加希望はメールでご連絡下さい⇒dandyroads@gmail.com


 日本国憲法」は、日本を守るための憲法では無いことが、国籍法改悪でも改めて明らかになりました。もちろん日本人の殆どはこの事に気付いていません!

 日本は今、我々が思っている以上に水面下で非常事態になっています。日本国民全員の力が必要です!


 応援クリックお願いします
 ⇒人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング


 こちらも応援お願いします
 ⇒FC2ブログランキングへ投票する!!FC2ブログランキング

大日本帝国憲法を読む

大日本帝国憲法をとにかく読む

人気ブログランキングへ投票する!! FC2ブログランキングへ投票する!!


 告文などはひとまず置いて、まず帝国憲法をとにかく良く読む。この作業が必要です。

第一章 天皇

第一条
 大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス

第二条
 皇位ハ皇室典範ノ定ムル所ニ依リ皇男子孫之ヲ継承ス

第三条
 天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス

第四条
 天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬シ此ノ憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フ

第五条
 天皇ハ帝国議会ノ協賛ヲ以テ立法権ヲ行フ

第六条
 天皇ハ法律ヲ裁可シ其ノ公布及執行ヲ命ス

第七条
 天皇ハ帝国議会ヲ召集シ其ノ開会閉会停会及衆議院ノ解散ヲ命ス

第八条
 1 天皇ハ公共ノ安全ヲ保持シ又ハ其ノ災厄ヲ避クル為緊急ノ必要ニ由リ帝国議会閉会ノ場合ニ於テ法律ニ代ルヘキ勅令ヲ発ス
 2 此ノ勅令ハ次ノ会期ニ於テ帝国議会ニ提出スヘシ若議会ニ於テ承諾セサルトキハ政府ハ将来ニ向テ其ノ効力ヲ失フコトヲ公布スヘシ

第九条
 天皇ハ法律ヲ執行スル為ニ又ハ公共ノ安寧秩序ヲ保持し及臣民ノ幸福ヲ増進スル為ニ必要ナル命令ヲ発シ又ハ発セシム但シ命令ヲ以テ法律ヲ変更スルコトヲ得ス

第十条
 天皇ハ行政各部ノ官制及文武官ノ俸給ヲ定メ及文武官ヲ任免ス但シ此ノ憲法又ハ他ノ法律ニ特例ヲ掲ケタルモノハ各〃其ノ条項ニ依ル

第十一条
 天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス

第十二条
 天皇ハ陸海空軍ノ編制及常備兵額ヲ定ム

第十三条
 天皇ハ戦ヲ宣シ和ヲ講シ及諸般ノ条約ヲ締結ス

第十四条
 1 天皇ハ戒厳ヲ宣告ス
 2 戒厳ノ要件及効力ハ法律ヲ以之ヲ定ム

第十五条
 天皇ハ爵位勲章及其ノ他ノ栄典ヲ授与ス

第十六条
 天皇ハ大赦特赦減刑及復権ヲ命ス

第一七条
 1 摂政ヲ置クハ皇室典範ノ定ムル所ニ依ル
 2 摂政ハ天皇ノ名ニ於テ大権ヲ行フ

第二章 臣民権利義務

第十八条
 日本臣民タル要件ハ法律ノ定ムル所ニ依ル

第十九条
 日本臣民ハ法律命令ノ定ムル所ノ資格ニ応シ均ク文武官ニ任セラレ及其ノ他ノ公務ニ就クコトヲ得

第二十条
 日本臣民ハ法律ノ定ムル所ニ従ヒ兵役ノ義務ヲ有ス

第二十一条
 日本臣民ハ法律ノ定ムル所ニ従ヒ納税ノ義務ヲ有ス

第二十二条
 日本臣民ハ法律ノ範囲内ニ於テ移住及移転ノ自由ヲ有ス

第二十三条
 日本臣民ハ法律ニ依ルニ非スシテ逮捕監禁審問処罰ヲ受クルコトナシ

第二十四条
 日本臣民ハ法律ニ定メタル裁判官ノ裁判ヲ受クルノ権ヲ奪ハルゝコトナシ

第二十五条
 日本臣民ハ法律ニ定メタル場合ヲ除ク外其ノ許諾ナクシテ住所ニ侵入セラレ及捜索サルヽコトナシ

第二十六条
 日本臣民ハ法律ニ定メタル場合ヲ除ク外信書ノ祕密ヲ侵サルゝコトナシ

第二十七条
 1 日本臣民ハ其ノ所有権ヲ侵サルゝコトナシ
 2 公益ノ為必要ナル処分ハ法律ノ定ムル所ニ依ル

第二十八条
 日本臣民ハ安寧秩序ヲ妨ケス及臣民タルノ義務ニ背カサル限ニ於テ信教ノ自由ヲ有ス

第二十九条
 日本臣民ハ法律ノ範囲内ニ於テ言論著作印行集会及結社ノ自由ヲ有ス

第三十条
 日本臣民ハ相当ノ敬礼ヲ守リ別ニ定ムル所ノ規程ニ従ヒ請願ヲ為スコトヲ得

第三十一条
 本章ニ掲ケタル条規ハ戦時又ハ国家事変ノ場合ニ於テ天皇大権ノ施行ヲ妨クルコトナシ

第三十二条
 本章ニ掲ケタル条規ハ陸海空軍ノ法令又ハ紀律ニ牴触セサルモノニ限リ軍人ニ準行ス

第三章 帝国議会

第三十三条
 帝国議会ハ貴族院衆議院ノ両院ヲ以テ成立ス

第三十四条
 貴族院ハ貴族院令ノ定ムル所ニ依リ皇族華族及勅任セラレタル議員ヲ以テ組織ス

第三十五条
 衆議院ハ選挙法ノ定ムル所ニ依リ公選セラレタル議員ヲ以テ組織ス

第三十六条
 何人モ同時ニ両議院ノ議員タルコトヲ得ス

第三十七条
 凡テ法律ハ帝国議会ノ協賛ヲ経ルヲ要ス

第三十八条
 両議院ハ政府ノ提出スル法律案ヲ議決し及各〃法律案ヲ提出スルコトヲ得

第三十九条
 両議院ノ一ニ於テ否決シタル法律案ハ同会期中ニ於テ再ヒ提出スルコトヲ得ス

第四十条
 両議院ハ法律又ハ其ノ他ノ事件ニ付キ各〃其ノ意見ヲ政府ニ建議スルコトヲ得但シ其ノ採納ヲ得サルモノハ同会期中ニ於テ再ヒ建議スルコトヲ得ス

第四十一条
 帝国議会ハ毎年之ヲ召集ス

第四十二条
 帝国議会ハ三箇月ヲ以テ会期トス必要アル場合ニ於テハ勅命ヲ以テ之ヲ延長スルコトアルヘシ

第四十三条
 臨時緊急ノ必要アル場合ニ於イテ常会ノ外臨時会ヲ召集スヘシ臨時会ノ会期ヲ定ムルハ勅命ニ依ル

第四十四条
 1 帝国議会ノ開会閉会会期ノ延長及停会ハ両院同時ニ之ヲ行フヘシ
 2 衆議院解散ヲ命セラレタルトキハ貴族院ハ同時ニ停会セラルヘシ

第四十五条
 衆議院解散ヲ命セラレタルトキハ勅令ヲ以テ新ニ議員ヲ選挙セシメ解散ノ日ヨリ五箇月以内ニ之ヲ召集スヘシ

第四十六条
 両議院ハ各〃其ノ総議員三分ノ一以上出席スルニ非サレハ議事ヲ開キ議決ヲ為ス事ヲ得ス

第四十七条
 両議院ノ議事ハ過半数ヲ以テ決ス可否同数ナルトキハ議長ノ決スル所ニ依ル

第四十八条
 両議院ノ会議ハ公開ス但シ政府ノ要求又ハ其ノ院ノ決議ニ依リ秘密会ト為スコトヲ得

第四十九条
 両議院ハ各〃天皇ニ上奏スルコトヲ得

第五十条
 両議院ハ臣民ヨリ呈出スル請願書ヲ受クルコトヲ得

第五十一条
 両議院ハ此ノ憲法及議院法ニ掲クルモノゝ外内部ノ整理ニ必要ナル諸規則ヲ定ムルコトヲ得

第五十二条
 両議院ノ議員ハ議院ニ於テ発言シタル意見及表決ニ付院外ニ於テ責ヲ負フコトナシ但シ議員自ラ其ノ言論ヲ演説刊行筆記又ハ其ノ他ノ方法ヲ以テ公布シタルトキハ一般ノ法律ニ依リ処分セラルヘシ

第五十三条
 両議院ノ議員ハ現行犯罪又ハ内乱外患ニ関ル罪ヲ除ク外会期中其ノ院ノ許諾ナクシテ逮捕サルゝコトナシ

第五十四条
 国務大臣及政府委員ハ何時タリトモ各議院ニ出席シ及発言スルコトヲ得

第四章 国務大臣及枢密顧問

第五十五条
 1 国務各大臣ハ天皇ヲ輔弼シ其ノ責ニ任ス
 2 凡テ法律勅令其ノ他国務ニ関ル詔勅ハ国務大臣ノ副署ヲ要ス

第五十六条
 枢密顧問ハ枢密院官制ノ定ムル所ニ依リ天皇ノ諮詢ニ応ヘ重要ノ国務ヲ審議ス

第五章 司法

第五十七条
 1 司法権ハ天皇ノ名ニ於テ法律ニ依リ裁判所之ヲ行フ
 2 裁判所ノ構成ハ法律ヲ以テ之ヲ定ム

第五十八条
 1 裁判官ハ法律ニ定メタル資格ヲ具フル者ヲ以テ之ニ任ス
 2 裁判官ハ刑法ノ宣告又ハ懲戒ノ処分ニ由ルノ外其ノ職ヲ免セラルゝコトナシ
 3 懲戒ノ条規ハ法律ヲ以テ之ヲ定ム

第五十九条
 裁判ノ対審判決ハ之ヲ公開ス但シ安寧秩序又ハ風俗ヲ害スルノ虞アルトキハ法律ニ依リ又ハ裁判所ノ決議ヲ以テ対審ノ公開ヲ停ムルコトヲ得

第六十条
 特別裁判所ノ管轄ニ属スヘキモノハ別ニ法律ヲ以テ之ヲ定ム

第六十一条
 行政官庁ノ違法処分ニ由リ権利ヲ傷害セラレタリトスルノ訴訟ニシテ別ニ法律ヲ以テ定メタル行政裁判所ノ裁判ニ属スヘキモノハ司法裁判所ニ於テ受理スルノ限ニ在ラス

第六章 会計

第六十二条
 1 新ニ租税ヲ課シ及税率ヲ変更スルハ法律ヲ以テ之ヲ定ムヘシ
 2 但シ報償ニ属スル行政上ノ手数料及其ノ他ノ収納金ハ前項ノ限ニ在ラス国債ヲ起シ及予算ニ定メタルモノヲ除ク外国庫ノ負担トナルヘキ契約ヲ為スハ帝国議会ノ協賛ヲ経ヘシ

第六十三条
 現行ノ租税ハ更ニ法律ヲ以テ之ヲ改メサル限ハ旧ニ依リ之ヲ徴収ス

第六十四条
 1 国家ノ歳出歳入ハ毎年予算ヲ以テ帝国議会ノ協賛ヲ経ヘシ
 2 予算ノ款項ニ超過シ又ハ予算ノ外ニ生シタル支出アルトキハ後日帝国議会ノ承諾ヲ求ムルヲ要ス

第六十五条
 予算ハ前ニ衆議院ニ提出スヘシ

第六十六条
 皇室経費ハ現在ノ定額ニ依リ毎年国庫ヨリ之ヲ支出シ将来増額ヲ要スル場合ヲ除ク外帝国議会ノ協賛ヲ要セス

第六十七条
 憲法上ノ大権ニ基ツケル既定ノ歳出及法律ノ結果ニ由リ又ハ法律上政府ノ義務ニ属スル歳出ハ政府ノ同意ナクシテ帝国議会之ヲ廃除シ又ハ削減スルコトヲ得ス

第六十八条
 特別ノ須要ニ因リ政府ハ予メ年限ヲ定メ継続費トシテ帝国議会ノ協賛ヲ求ムルコトヲ得

第六十九条
 避クヘカラサル予算ノ不足ヲ補フ為ニ又ハ予算ノ外ニ生シタル必要ノ費用ニ充ツル為ニ予備費ヲ設クヘシ

第七十条
 1 公共ノ安全ヲ保持スル為緊急ノ需要アル場合ニ於テ内外ノ情形ニ因リ政府ハ帝国議会ヲ召集スルコト能ハサルトキハ勅令ニ依リ財政上必要ノ処分ヲ為スコトヲ得
 2 前項ノ場合ニ於テハ次ノ会期ニ於テ帝国議会ニ提出シ其ノ承諾ヲ求ムルヲ要ス

第七十一条
 帝国議会ニ於イテ予算ヲ議定セス又ハ予算成立ニ至ラサルトキハ政府ハ前年度ノ予算ヲ施行スヘシ

第七十二条
 1 国家ノ歳出歳入ノ決算ハ会計検査院之ヲ検査確定シ政府ハ其ノ検査報告ト倶ニ之ヲ帝国議会ニ提出スヘシ
 2 会計検査院ノ組織及職権ハ法律ヲ以テ之ヲ定ム

第七章 補則

第七十三条
 1 将来此ノ憲法ノ条項ヲ改正スルノ必要アルトキハ勅命ヲ以テ議案ヲ帝国議会ノ議ニ付スヘシ
 2 此ノ場合ニ於テ両議院ハ各〃其ノ総員三分ノニ以上出席スルニ非サレハ議事ヲ開クコトヲ得ス
 3 出席議員三分ノ二以上ノ多数ヲ得ルニ非サレハ改正ノ議決ヲ為スコトヲ得ス

第七十四条
 1 皇室典範ノ改正ハ帝国議会ノ議ヲ経ルヲ要セス
 2 皇室典範ヲ以テ此ノ憲法ノ条規ヲ変更スルコトヲ得ス

第七十五条
 憲法及皇室典範ハ摂政ヲ置クノ間之ヲ変更スルコトヲ得ス

第七十六条
 1 法律規則命令又ハ何等ノ名称ヲ用ヰタルニ拘ラス此ノ憲法ニ矛盾セサル現行ノ法令ハ総テ遵由ノ効力ヲ有ス
 2 歳出上政府ノ義務ニ係ル現在ノ契約又ハ命令ハ総テ第六十七条ノ例ニ依ル




 応援クリックお願いします
 ⇒人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング


 こちらも応援お願いします
 ⇒FC2ブログランキングへ投票する!!FC2ブログランキング

日本国憲法は無効である!

日本国憲法無効を広めよう!

人気ブログランキングへ投票する!! FC2ブログランキングへ投票する!!


 ≪インフルエンザにご注意を!≫
 寒い時期が続いております。皆様、何卒ご自愛ください。

 インフルエンザの流行が叫ばれていますが、やはり一番大事なのは予防だと私は思います。部屋が乾燥しないように、外ではなるべくマスクを着ける、手洗いと嗽をする(乾燥しないように。しないよりはマシ程度ですが…)、寝不足にならないように気をつける、食べ過ぎない(腹八分目、食べ過ぎと寝不足はどちらも免疫力が低下します)、などなど基本的な事を守ればかなり予防効果を上げるはずです。

 タミフルやリレンザなどの化学薬品は、所詮、対症療法にしか過ぎないものですので、どれだけの確率で効くか効かないという話よりも先に、予防を出来る限り実行する事が一番重要かつ最優先事項です。

 そうなるとやはり自宅で鍋料理というのは、油も必要ありませんし加湿器も必要ありませんので、非常に効率的かつ理にかなっている調理法だと思います。鍋料理で白菜やネギ、大根、春菊、小松菜、ほうれん草、かぶ、などの冬の旬の味覚を堪能して下さい。同時に美容効果や風邪の防止などにも良いでしょう。

 ≪日本国憲法は無効です!≫
 さて本題に移りますが、私がこのような政治ブログを始めた頃の認識としては、日本国憲法は「改憲」すればそれで良いものだとばかり思っていました。特に引き合いに出される事が多い「日本国憲法9条」に関する議論も象徴的な事例の一つです。

 ところが、皇室典範改正問題や憲法9条論争、そして国籍法や外国人参政権など、明らかに可笑しいと思われるような法案が次から次へと噴出してくるのはどうしてなのか。

 小泉首相時代に皇室典範改正問題が勃発しましたが、この時に私は「単なる一時代の政治家や知識人ごときが、日本の国体である皇室を語り、規定しようとするなど無礼極まりないのではないのか?」などと思い、具体的な法議論云々の前に、異常な違和感を感じざる得ませんでした。

 元はと言えば、皇室典範が日本国憲法の下位に位置づけられている事が自体がおかしいと思わなければなりません。たとえ、日本国憲法の第一章に天皇の存在が認められているとしても、現憲法下においては天皇陛下のみならず、皇室全体が未だにGHQの占領統治、奴隷扱いを受けているに等しいのです。

 ご批判を承知であえて辛辣な愚見を申し上げるとすれば、愚民による数の論理で天皇陛下や皇室の存在意義が軽んじられること。最悪な場合、それら愚民によって皇室廃止、国体の解体をも可能にしているのが現在の日本国憲法であると私は断言しておきます。

 日本国憲法のいわゆる「国民主権」等という一見耳障りの良い美辞麗句は、結局、単なる米国的自由主義価値観の日本への押し付けであり、日本は「天皇陛下を頂点として頂く臣民による「国体主権」」が存在すれば十分なのであり、諸外国からとやかく言われる筋合いも無ければ、修正させられる必要性もありません。「国民主権」という民主主義の仮面を被った「革命主義」で日本の国体が破壊されるのです。

 国籍法改正においては、その前段の裁判所による判断で前国籍法が「違憲」であるとまで言わしめました。これは日本国憲法自体が「すべての国民」と「何人たりとも」の区別が非常に曖昧に規定されていることにも原因の一端があると考えられますし、「基本的人権」という定義も非常に曖昧な「日本国憲法」の惰弱性を露呈し、国体を護持するためには何の効力を発揮しない事を強く印象づけました。

 よって、人権擁護法案や外国人参政権なども、現憲法下において成立は時間の問題であり、免れないと断言しても過言ではありません。それぐらいに危機感を持っておいて丁度ぐらいだと思います。

 それらを阻止するためには、現在の「真・保守市民の会」を通じての救国救民活動、いわゆる対症療法的な止血活動と並行して、根治療法としての「日本国憲法無効論」をもっと広めるための草の根活動も少しづつではありますが実行して行く必要があると考えます。

 日本国憲法下において合憲であっても、恣意的な売国法案と言わざる得ないような国籍法改正も、十分な議論がなされないまま公明党(創価学会)主導によって、堂々と国会を通過し行き成立してしまいました。

 表向き民主主義国家であるはずの日本が、実はそうではなく「数の論理」のみに陥っている中世の「共産主義国家」になっている事が、白日の下に晒されました。この事にどれだけ多くの日本人が気づいているでしょうか。

 もうこの流れを根本的に止めるためには、国家を規定する根本である「憲法」をまともな物にする「根治療法」も同時に取り組んで行かなければならないと思います。どのようにして広めてゆくか等、具体的な事はこれから考えますが、とにかく私たちの世代でやらねばならないことでしょう。

 そこで差し当たり、渡部昇一先生と「日本国憲法無効宣言―改憲・護憲派の諸君!この事実を直視せよ」(2007年4月発売)で共著された、南出喜久治先生(弁護士、憲法学者)と直接お会いし、色々と議論させて頂ける時間を来月2月に頂戴出来る事になりました。(私のような素人とは議論にすらならないかもしれませんが…)

 現在の所、日本の言論空間において、日本国憲法無効論は無視されています。もちろん国会議員の中にも密かに日本国憲法の無効を言い出したい議員もいらっしゃるだろうとは思いますが、そんな事を言った瞬間に抹殺されるのが関の山です。

 しかし、我々は議員が言いたくても言えないのならば、堂々と発言できる様に支持する国民を増やして行くしかありません。現在の議会システムにおいてはやはり数が多くなければ何を言っても封殺されるのです。

 ですが、本質を見誤った議論も毛頭するつもりもありません。南出先生らとお会い出来る機会を有効に活用しながら、少しでも多くの方に「日本国憲法の改憲・護憲」の論がいかに無意味で空虚な議論であるかという事を知って頂ければと思います。

応援クリックお願いします⇒人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング

こちらも応援お願いします⇒FC2ブログランキングへ投票する!!FC2ブログランキング

最新の活動・行動のお知らせ!
 活動予定は『行動・活動予定のお知らせ』をご覧ください。

『国籍法再改正運動』展開中!ご協力お願いします。
 全国の皆様のご協力でポスティング作戦を敢行いたします!
 ↓対応方法はこちらで確認↓
 真・保守市民の会
 【国籍法改悪反対!日本人の暮らしと誇りを守ろう!】


真・保守市民の会 最新動画をご覧ください。
 毎週木曜日更新!!
 街頭演説などの最新動画はこちらでご覧ください。
 真・保守市民の会 【真保会チャンネル】

ご協力をお願いいたします!
 ⇒真・保守市民の会 会員登録(無料)

 (登録はお名前、メールアドレス等を入力して頂くだけでOK)

 歳徳会は、『国益を考える講演会』を、協賛サイトとして正式に後援をしています。

 

(参加要領など、詳しくは↑バナーをクリック↑して公式サイト内でご確認ください。)

行動・活動予定のお知らせ

2009/1/10 告知分
≪移民を受け入れている場合ではない!≫


 ※スケジュールの訂正が入りました。改めてご確認お願いします。

人気ブログランキングへ投票する!! FC2ブログランキングへ投票する!!


≪移民を受け入れている場合ではない!≫

 と き 平成21年1月17日・土曜日 午後2時〜

 ところ 大阪・阪急メンズ館(旧HEPナビオ)前
      JR「大阪」駅、阪急・阪神・地下鉄御堂筋線「梅田」下車すぐ

 主 催 主権回復を目指す会・関西/真・保守市民の会/在特会・関西/
      外国人参政権反対・関西

 スケジュール
      ・午後2時〜午後3時半まで、街頭演説およびビラ配布
      ・午後4時〜午後5時半まで、場所を変えて村田春樹氏のミニ講演会
      ・午後6時〜解散まで、村田春樹氏を囲んで懇親会を開きます。

◎当日は、外国人参政権に反対する会・東京村田春樹氏が来阪されます。
◎街頭演説とピラ配布を敢行します!多くの市民に本当の社会の危機を知って頂く為に皆様のご協力とご支援が必要です。ぜひご参加くださいませ。
◎この街頭演説に遠藤代表は出席出来ませんがご容赦ください。(dandyは参加します。)
(遠藤代表は写真展「日本の心、台湾の心」の受付業務担当のため今回は参加出来ません。写真展の詳細はこちらをご覧ください。)



【応援クリックお願いします⇒人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング

【こちらも応援お願いします⇒FC2ブログランキングへ投票する!!FC2ブログランキング

最新の活動・行動のお知らせ!
 活動予定は『行動・活動予定のお知らせ』をご覧ください。

『国籍法再改正運動』展開中!ご協力お願いします。
 全国の皆様のご協力でポスティング作戦を敢行いたします!
 ↓対応方法はこちらで確認↓
 真・保守市民の会
 【国籍法改悪反対!日本人の暮らしと誇りを守ろう!】


真・保守市民の会 最新動画をご覧ください。
 毎週木曜日更新!!
 街頭演説などの最新動画はこちらでご覧ください。
 真・保守市民の会 【真保会チャンネル】

ご協力をお願いいたします!
 ⇒真・保守市民の会 会員登録(無料)

 (登録はお名前、メールアドレス等を入力して頂くだけでOK)

 歳徳会は、『国益を考える講演会』を、協賛サイトとして正式に後援をしています。

 

(参加要領など、詳しくは↑バナーをクリック↑して公式サイト内でご確認ください。)

国益を考える講演会お知らせ

『国益を考える講演会』のお知らせ

人気ブログランキングへ投票する!! FC2ブログランキングへ投票する!!


 歳徳会は、『国益を考える講演会』を、協賛サイトとして正式に後援をしています。

 

 (参加要領など、詳しくはバナーをクリックして公式サイト内でご確認ください。)

 私が会長を務めさせて頂いている「歳徳会」は、政治的には無党派の会であり、国会で言う「超党派議連」のような会ですので、特定の政党・政治団体に対して協賛をする事はありませんが、今回のような「日本の国益を考える」という大きなテーマでのイベントについては、これからも積極的に協賛させて頂きたいと思います。

 このイベントで講演されるパネラーの方々は、個々の立場において特徴のある様々なご見解をお持ちでありますので、皆様におかれても意見・見解の相違も若干あろうかと思いますが、滅多にない貴重なイベントだと思いますので、ぜひともご参加くださいませ。


応援クリックお願いします⇒人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング

こちらも応援お願いします⇒FC2ブログランキングへ投票する!!FC2ブログランキング

最新の活動・行動のお知らせ!
 活動予定は『行動・活動予定のお知らせ』をご覧ください。

『国籍法再改正運動』展開中!ご協力お願いします。
 全国の皆様のご協力でポスティング作戦を敢行いたします!
 ↓対応方法はこちらで確認↓
 真・保守市民の会
 【国籍法改悪反対!日本人の暮らしと誇りを守ろう!】


真・保守市民の会 最新動画をご覧ください。
 毎週木曜日更新!!
 街頭演説などの最新動画はこちらでご覧ください。
 真・保守市民の会 【真保会チャンネル】

ご協力をお願いいたします!
 ⇒真・保守市民の会 会員登録(無料)

 (登録はお名前、メールアドレス等を入力して頂くだけでOK)

河野談話を白紙撤回へ!

護國神社参拝、河野談話撤回署名活動!

人気ブログランキングへ投票する!! FC2ブログランキングへ投票する!!


大阪護国神社 風景


 元旦に、大阪市住之江区にある護國神社へ昇殿参拝を行い、先の大東亜戦争で勇敢に戦われた英霊の皆様に感謝申し上げるとともに、新年にあたっての誓いと、お祓いを受けてきました。元旦でもありましたので、非常に多くのかたが参拝に来られていましたように思いました。

河野談話白紙撤回 署名風景


 護國神社境内にて河野談話の白紙撤回を求める署名活動を行いました。参加された皆様、正月早々お疲れ様でした。

 今回のように元旦の護國神社境内において、署名などの活動を行うのは初の試みでしたが、予想を上回る多くの方が署名をしてくださいました。改めてお礼申し上げます。

 「河野談話」というものが、どんな談話なのかをご存じない人も未だに多くおられますし、少しご存じでも「あれは本当に朝鮮の人に可哀そうな事をした…」と、思いこんでいる人も多くいらっしゃると思います。(あえて、そう言った主張をしている旧社会党の残党や共産党どものサヨク連中は別として。)

 活動中にそうした疑問を聞かれてこられる方もいらっしゃいましたが、参拝してお帰りの前に署名をしてくださいました。こうした活動を通じて、事実に基づいた認識を多くの日本人どうしで共有出来るようになれば、おのずと自虐史観も洗い流されていくのではないかと思った次第です。

 引き続き、河野談話の白紙撤回を求めるオンラインサイトでの署名にご協力を!
河野談話を白紙撤回へ!


 当ブログは、日本を一方的に「悪い国だ!」との印象を日本人に洗脳し、子々孫々まで偏った歴史史観を植え付けるさせる「村山談話の白紙撤回」も求めています!ご協力を!
村山談話を白紙撤回へ!



応援クリックお願いします⇒人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング

こちらも応援お願いします⇒FC2ブログランキングへ投票する!!FC2ブログランキング

最新の活動・行動のお知らせ!
 活動予定は『行動・活動予定のお知らせ』をご覧ください。

『国籍法再改正運動』展開中!ご協力お願いします。
 全国の皆様のご協力でポスティング作戦を敢行いたします!
 ↓対応方法はこちらで確認↓
 真・保守市民の会
 【国籍法改悪反対!日本人の暮らしと誇りを守ろう!】


真・保守市民の会 最新動画をご覧ください。
 毎週木曜日更新!!
 街頭演説などの最新動画はこちらでご覧ください。
 真・保守市民の会 【真保会チャンネル】

ご協力をお願いいたします!
 ⇒真・保守市民の会 会員登録(無料)

 (登録はお名前、メールアドレス等を入力して頂くだけでOK)

謹賀新年 皇紀2669年

皇紀2669年、謹賀新年

人気ブログランキングへ投票する!! FC2ブログランキングへ投票する!!


日章旗


 新年、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 早速ですが、昨年収録した真・保守市民の会遠藤健太郎代表のメッセージです。

 平成二十一年に向けて(外部リンク:Youtube)
 

 皆様も御承知の通り、昨年も国会に提出された「外国人地方参政権」が、現在のところ昨年12月24日段階で衆議院にて「継続審議」状態となっています。つまり、まだ廃案になっておらず成立する可能性があるということになります。

 こちらを参照⇒参議院ホームページ

 法案の発議者⇒公明党 井上義久

 発議者は、当然のカルト宗教団体を黒幕に抱える公明党です。

 人権擁護法案の際は、中川昭一代議士をはじめとする、保守系議員の活躍によって成立を免れましたが、その中川昭一氏も現在は財務金融大臣となられ、身動きがとりづらい状況であります。

 国籍法改正反対の際は、その他の多くの保守系議員がネットを中心とした大きな声に支えられて、反対の意を表しました。(残念ながら法案自体は成立してしまいましたが、この件に関しては引き続き再改正を求める請願書などで、訴えてまいりたいと思います。)

 国籍法改正、人権擁護法案、外国人地方参政権、移民受け入れ政策などの国家の根幹を揺るがすような法案に関して、皆様ご承知の通り、公明党と民主党は示し合わせたように両者とも賛成・推進の立場をとっています。

 民主党の石井一氏が、公明党と創価学会の政教一致問題に関連して、池田大作氏の証人喚問を要求するなどのポーズを取ってはいますが、これはテーブルの上で激しく喧嘩をしているように見せかけて、テーブルの下では仲良く、公明党と足を絡ませていると見られても可笑しくないものです。

 この民主党と公明党の2党が揃って、否、小沢一郎が従来から述べている、細川連立内閣の再来を思わせるような、「公明党を含めた、現野党のみの連立政権」などになろうものなら、外国人地方参政権、人権擁護法案、移民受け入れ政策という、国を売る法案がすべて成立してしまう可能性はほぼ100%に近いのではないか、と危惧せざるえない状況になります。

 新年のご挨拶エントリーではございますが、現在は日本は大きな国難に立たされていると強く感じるゆえに、今年も引き続き同じ事例で何度も何度も警鐘を鳴らさざるえません。本年もネット・街頭の両面で、この日本の危機を広く市民に周知する活動を行って参りたいと思いますので、昨年と引き続き皆様のご協力をお願い申し上げます。

 皇紀2669年(平成21年)元旦 主宰:dandy 


応援クリックお願いします⇒人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング

こちらも応援お願いします⇒FC2ブログランキングへ投票する!!FC2ブログランキング

最新の活動・行動のお知らせ!
 活動予定は『行動・活動予定のお知らせ』をご覧ください。

『国籍法再改正運動』展開中!ご協力お願いします。
 全国の皆様のご協力でポスティング作戦を敢行いたします!
 ↓対応方法はこちらで確認↓
 真・保守市民の会
 【国籍法改悪反対!日本人の暮らしと誇りを守ろう!】


真・保守市民の会 最新動画をご覧ください。
 毎週木曜日更新!!
 街頭演説などの最新動画はこちらでご覧ください。
 真・保守市民の会 【真保会チャンネル】

ご協力をお願いいたします!
 ⇒真・保守市民の会 会員登録(無料)

 (登録はお名前、メールアドレス等を入力して頂くだけでOK)

日本は日本人で護ろう!

≪まず、日本人は日本人を護りましょう!≫

人気ブログランキングへ投票する!! FC2ブログランキングへ投票する!!


 今年は、支那(いわゆる中国)の毒ギョーザテロなども含めた、「外国人犯罪」に関連した事例が多く、年末まで終始外国人問題に取り組んでいた一年だったと思います。

 このブログを始めてから約2年半が過ぎました。途中、更新が滞っていた時期がかなりありましたので、実質的にはもっと短いのですが、そもそもこういった政治的なブログへこれだけ傾倒するとは、始めた当初は考えてもいませんでしたので、途切れ途切れながらもよくまぁ今まで続いているなと自分で感心しています。(基本的に飽き性な性格なので。)

 最初ブログを始めたきっかけは、単に「文章を書く練習をしようか」と思って始めた訳ですが、まさか街頭に出てまで訴え出すとは自分でも思ってもいませんでした。そして街頭に出て訴え始める訳ですが、そこでいつも改めて思うのはネットでの訴えにも「限界」があるという事です。

 これはもちろんネット上での訴えが全く無意味で効果が無いという意味ではありません。私が言いたいのは、「ネットとリアル」の両方で訴える方がより効果が高いという意味です。

 12月29日には、兵庫県の阪急西宮北口駅前において、国籍法改正に反対、外国人地方参政権に反対、安易な移民政策に反対などを、通りがかった西宮市民の皆様に、出来る限り分かりやすい言葉でその真意を訴えさせて頂きました。

 (真・保守市民の会代表 遠藤健太郎氏の演説)
2008年12月29日兵庫県 阪急西宮北口駅前


 〜街頭演説内容の概要〜

 例えば選挙権を持つ人に限定して考えた場合、1万人ぐらいの町に、外国人が1000人移住してきたとします。そして、この外国人に参政権が与えられました。この町での選挙投票率は毎回約30%ぐらいであったとします。という事は1万人の内、いつも投票する人は3000人ぐらいになります。

 すると、総投票数が4000人の中で、25%が外国人票となる可能性があり、その25%の外国人票目当てで当選する議員や、何も事情を知らない日本人や外国人から票を受けた市長が誕生する可能性があるという事になります。

 民主主義の基本は多数決で選ばれた民意を基準として政治がおこなわれます。という事は、町全体の人口は明らかに日本人の方が多いにも関わらず、日本人より外国人を優先・優遇する、または外国人が住みやすく、日本人が住みにくい街作りになるように予算が分配される事になります。

 選挙で投票しようがしまいが、市民は同じように税金を支払っています。しかし、予算は問答無用で外国人ばかりを優先・優遇するようになってしまうのです。

 例えば、市役所の窓口では、日本人が生活保護を受ける申請よりも、外国人の生活保護申請の方が一段と通りやすくなる事は、容易に想像ができます。なぜなら、市役所窓口で「外国人だからと言って差別するのか!?」などと訴えられれば、人権問題にされかねないため、もめ事を出来る限り起こしたくない役所は安易に申請を通し易くすることもありえるでしょう。

 もうここまで事態が深刻化してしまってから、我々が「日本は日本人の国だから、外国人ばかりを優遇するのはおかしい!」と声を上げても「それは民意だから仕方が無い」という事で、事態はさらに悪化します。

 ここで、「外国人ばかり優遇するな!」と言うと、何故か日本の政党である筈の、民主党の一部や、社民党、共産党、一部のリベラルと呼ばれている政治家がこぞって、「外国人差別をしている右翼、民族主義者、差別主義者」のレッテルを貼って来ます。これがいわゆるニセ人権擁護論者達です。

 民主党は、選挙用ポスターで「国民生活が第一」と歌っていますが、その主語はなんでしょうか?民主党は国籍法改正法案に公明党と一緒に張り切って賛成票を投じましたが、民主党が守りたい「国民」とは、日本国籍になった外国人なのではないでしょうか。 

 こんな日本人をとことん莫迦に、侮辱し、悪く差別するような政党に政治を任せて良いのでしょうか?これは「人権」という名を借りた、日本人蔑視に他なりません。

 派遣労働者などの雇用問題が勃発している昨今ですが、、自民党の「上げ潮派」と呼ばれている中川秀直や、民主党などは外国人移民を1000万人受け入れすれば良いじゃないかと言っています。

 日本人の雇用すらままならないというのに、外国人を受け入れて優遇しようとしている政治家は必要ない!と、私たちは選挙で投票する事で、訴えなくてはならないのではないでしょうか。

 〜ここまで〜

 いつも、毎回言う事ですが、我々は単に外国人を無闇やたらに侮蔑したくてこのような事を言っているのではないという事に重点を置いて、今回挙げた諸問題が市民生活に及ぼす危険性を平易な言葉で訴えました。ただ単に国家論やイデオロギーを振りかざすのではなく、その活動が日本、日本人を「救国・救民」する事が我々真・保守市民の会の方針です。

 駅前ですので、バスを待っている方々も私たちの話に耳を傾けて下さる方が多く、国籍法改正反対のビラも非常に多くの方が受け取って下さいました。少し前は、大阪難波高島屋前にて日教組や朝日新聞を批判する演説も行いましたが、それらも含めて昨今、街の人々の反応はすごく良くなっているように思います。

 主権回復を目指す会在日特権を許さない市民の会日本を護る市民の会 、など、様々な市民団体が頑張って活動されています。

 その中でも我々は独自のスタンスを維持しながらも、様々な団体と協力しながら来年も引き続きネットと街頭の両方面で訴えて行きたいと思います。来年も変わらぬご支援ご鞭撻程、よろしくお願い申し上げ、今年一年の締めくくりのご挨拶とさせて頂きます。

 そして、早速来年の元旦(明日です!)のイベントのお知らせです!

 ≪【関西】みんなで護國神社へ参拝しよう!≫
 と き 平成21年1月1日・元旦(木曜日) 午後1時より
 ところ 大阪護國神社 大阪市住之江区南加賀屋1-1-77
      大阪市営地下鉄 四ツ橋線 住之江公園駅1番出口すぐ
      当日は混雑が予想されますので、お車でのお越しはお控え下さい。
      電車路線図→http://www.osakagokoku.or.jp/map.html

      黄色のジャンパーを着ているスタッフが目印です。
      南側の正門大鳥居下でお待ちしています。
      昇殿参拝ですので背広などでお越しください。
      河野談話白紙撤回署名活動、その他各種ビラ配布活動あり

 主 催 みんなで護国神社に参拝する会 
       増木重夫(M情報、主権回復関西) dandy(真・保守市民の会)
      各地の護國神社はこちらを参照→全国護國神社一覧



 ここで告知しているのは関西・大阪の護國神社ですが、皆様がお住まいの周りにも近くに護國神社があると思いますので、靖國神社ホームページにて紹介されている護國神社一覧表を参考に是非とも足をお運びください。

 お近くの護國神社へ参拝された時に、その場の雰囲気が伝わるような写真をお撮りになりメールなどで送って頂けましたら、当ブログや真・保守市民の会ホームページなどでご紹介させて頂きたいと思います。

 日本人は日本人が護る。この当たり前の事がまず出来るような日本国を目標に、来年も活動します。

応援クリックお願いします⇒人気ブログランキングへ投票する!!人気ブログランキング

こちらも応援お願いします⇒FC2ブログランキングへ投票する!!FC2ブログランキング

最新の活動・行動のお知らせ!
 活動予定は『行動・活動予定のお知らせ』をご覧ください。

『国籍法再改正運動』展開中!ご協力お願いします。
 全国の皆様のご協力でポスティング作戦を敢行いたします!
 ↓対応方法はこちらで確認↓
 真・保守市民の会
 【国籍法改悪反対!日本人の暮らしと誇りを守ろう!】


真・保守市民の会 最新動画をご覧ください。
 毎週木曜日更新!!
 街頭演説などの最新動画はこちらでご覧ください。
 真・保守市民の会 【真保会チャンネル】

ご協力をお願いいたします!
 ⇒真・保守市民の会 会員登録(無料)

 (登録はお名前、メールアドレス等を入力して頂くだけでOK)
管理人:dandy
最新コメント
カテゴリ別記事
アーカイブ

QRコード
QRコード


歳徳会バナー(小)
・歳徳会では食の安全と日本食の見直し、チャイナ・フリーを当面の目標として食糧自給率を高め、海外依存しない純国産食材店舗などの都道府県別情報などを公開しています。

食べ物幕府バナー(小)
・食べ物幕府では安全性の低い支那産の食材を使用している企業などに電凸を行い、支那産に対してどれだけ危機意識を持っているか、その生のやり取りを公開しています。
  • ライブドアブログ