≪復党ゴタゴタの件で見事に地に落ちた自民党≫
〜未だに表面的にな標榜に操られる者多し〜


 これは本当の痛みを伴いますよ、「何言ってやがるんだい!!」てな感じで少数派に見たいな感じになってもかまいやしません。一人でも戦いますよ。
(けど、実際応援してくれる方々がいらっしゃるので一人じゃないね〜感謝!!)

koizumi

 なんでって当ブログをご覧の方はもう既知の事だと思いますが『郵政民営化反対』『郵政民営化法案(可決された)反対』は全然違いますよ。

 郵政民営化しようって言うのは『法案反対派』の中で反対してる人は少なかったの知らないのかい。

 この辺を理解しないで復党させるさせないだけを突付き易いから突付いても何の国益にならない事を理解しないと駄目です。

 郵政の件は今後3年ごとの経緯・結果次第もあるけど状況によっては自分達が応援していた議員が売国奴だったなんて気付かされたくないでしょ。

 戻る人間に『古い自民党に固執している裏切り者だ』なんて軽々しく批判するのは簡単だけどその売国奴に近いに人間に『誓約書』なんてものを書かされて戻らされる側の立場ってものを数ミリでも良いから理解してやろうと言う気持ちが無けりゃ、その批判している『古い自民党』に後で足元すくわれてからじゃ文句も言えないよ。

 小泉マンセーは構わないけど彼がやった事にすべて筋が通っているのだ!!と自身持って説明できる人にお会いしたいですね。

 平沼さんは『漢』を上げたよ。この人は自民党に戻らなくても当選できるから。もう地元の岡山では看板の架け替え終わってるらしいし。

 ただ他の議員のリーダー格だったしこれからの自民党の事も考えて『戻らせたほうが良い』と判断してだね、あの大嫌いで、年下で、媚朝派で、公○党マンセーで、シ○ブ中の中川(女)に堂々と頭下げに行ったんだから。



 中川(女)なんてもともと平沼氏を戻すつもりなんか全くない態度丸見えじゃないか。

 そんなこと出来る人間がこの日本の政界に何人いるか知ってたら教えて欲しいね、ホントに。テレビやマスコミ、新聞に踊らされてむやみやたらに批判する奴見たら頭にくるね、ったく。。。ブツブツ。。。

 そこんところで自分の意思をハッキリ表明しなかった安倍さんは正直ポイントダウン・・・。

abe2















 チャンと『戻ってきてもらい一緒に戦いましょう!』or『申し訳ないが復党認めるわけには参りません』ってハッキリ言えば良かったのに中川(女)にオンブに抱っこじゃますます保守層は離れて行きますよ、カナリ男を下げてしまったね。今後の為にもハッキリ申し上げておきます。

 だからこんなトンでもない話がまた出てくるんじゃないのか?




 郵政民営化法案に関しての解説は自分でチャンと調べてやろうかなとも思ったんですが、てっくさんがこれ以上、これ以下も無い素晴らしい解説なさってたんで経済ド素人の私が中途半端に解説やるとますます「ワケワカラン状態」になるのでちょっと控えます。
 
 ものすごく簡単にだけ言うと『小泉政府含め今までの政府が膨らませてきた特殊法人に対する財政投融資や財投債での不良債権処理に困った財務省を助けるために国民の郵便貯金を民営化させて、その株売りさばいてハゲタカに運用させて儲けさせて、なおかつ郵便貯金の預金者である国民に対する国の借金をパッと見た目でチャラにしよう』って魂胆。(このへん間違ってたらコメントで指摘して下さい。)

 それプラス国営の道筋ってのは抜け道でチャンとライン残して表面上民営化やっていくから財投債もやってくだろうし、もし郵貯銀行・簡保会社がコケた時はまた『国民の税金』でまかなわれるって事も指摘している。

 仮に郵貯銀行が大繁盛しても逆に弱い地方銀行がバッタバッタと倒されて行ってしまう危険性があるから何らかのセーフティネットも敷かなきゃならなくなる。そうなると結局民業圧迫したって事になるからまたまた『国民の税金』が投入される。

 郵政民営化の目的の一つとしてもともと何が問題だったかと言えば特殊法人に突っ込まれる財政投融資とか小泉さんが就任してから始まった財投債とかの焦げ付きが問題だったわけでこれは郵政だけじゃなくて他の「道路公団」とか「住宅公団」とかいろいろある『特殊法人改革』の一部だったのね。

 まともに管理・取立てできないボンクラ財務省と、借金返さない上に交通料とる道路公団とかのボンクラ特殊法人が問題だったけど郵政公社だけは自社で27万人の人件費まかなえて健全経営を今もずっとやってて会社で言えば法人税ガンガン払える優良企業の一つですよ。

 それで頂いたメール↓で知ったんだけどこう言う特殊法人改革「石油公団」を先鞭つけてやってたのは他の誰でもない小泉内閣で経済産業大臣やってた平沼さんだったですよ。(知らなかった自分も反省。。。)
 
 今の郵政民営化案は一番に何処の国益を考えてるかって言えばそれはすべてみんなが夢見ている『美国』の為ですよ。

それでもこの『郵政民営化法案』に賛成できますか?
(もっと早くブログやっとけば良かったと今更後悔しっぱなし。。。)


-------------------------------------------------------


 当ブログを強烈に応援くださってくれてる『女をなめたらいかんぜよ!』でおなじみの聖子様から一通のメールを頂きまして、その内容が(全文載せても良いのかな!?)平沼氏からのメールだったんだけどこれを読んだ時は平沼氏のポイントがグッと上がりましたね。

 (↓本来こうあるべきが自民党の姿だったんだけどね。)

hiranuma












 一部だけとりあえず転載
 
 現に今や改革推進に反対している訳でもない「慎重審議論」は、「反対派」「抵抗勢力」とのレッテルを張られ、非公認とされ、対立候補を送り込まれ、マスコミからも批判的な扱いをされ、大変厳しい戦いをしています。
 私は自由民主党が、他国や他党の利益や要求を優先するのではなく、日本国の国益そして日本国民のための政策実現に向けて、党内で侃々諤々の議論を積み
重ねてゆくまっとうな姿に一刻も早く目覚め、立ち戻っていただきたいと心から願っています。
 自民党が真に国民が安心できる保守政策を訴えて選挙に臨むことこそが、他党との選挙協力に依存しなければ選挙に勝てないという呪縛から解き放たれ、国民有権者の信頼を回復する唯一のまっとうで正しい道であると信じます。
 

 これは2005年8月21日にもらったそうで、ブレテナイのが素晴らしいのともう一つ。

他国や他党の利益や要求を優先するのではなく、・・・自民党が真に国民が安心できる保守政策を訴えて選挙に臨むことこそが、他党との選挙協力に依存しなければ選挙に勝てないという呪縛から解き放たれ、国民有権者の信頼を回復する唯一のまっとうで正しい道であると信じます


の部分。言わずもがな香迷党や美国の事指してるんだけど我々からしたら当たり前の事を当たり前にキッチリ分かりやすい言葉で言ってる。

 この文句を中川(女)偉いさんはじめ媚中・媚朝・従米軍団の集まりである自公連立の中でハッキリ言える人間いるかい?

 何でもかんでも真っ向から批判すりゃ良いって訳じゃないけど戦略立てて?動いてる人間で今知ってる中で上手い事やってるのは中川(鮭)と麻生ちゃんぐらいなもんです。

 こういったやらなきゃならん事をキッチリやってる人をリーダーと据えなきゃ誰がリーダーやるのか。無条件に戻せとか言ってる無責任な参丼は擁護しないけどホントに中川(女)とその取り巻きだけは今までになく怒り心頭であります。


(あぁ、また長くなってしまつた・・・ので★「復党問題」の本当の問題の続きはまた次のエントリーでUPします・・・ってこの話題何処まで引っ張るんだ!?)



****************************


お忙しい中、拙ブログへご訪問頂いている皆様には御礼申し上げます。
皆様方の様々な視点によるあらゆる情報と知識の共有、国家、政治に対して意識を高めあう『討論場』としての役割の一端を果たせればと切に願っております。
皆様のご意見、ご指摘、ご感想をコメント欄にてお待ちしております。



 中川秀直、公明党、そして創価学会はこの日本において必要無し!と思われる方は応援クリックよろしくお願いいたします!!
 ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ投票


こちらも参加しています、応援クリックお願いいたします!
日本ブログ村・政治ブログへ投票